帽子、バッグ、小物etc・・・
古い職業用ミシンと年代モノの裁ちばさみを使い、
一休さん工房で一つ一つ手作りしています。


オンラインショップではなかなかご紹介できませんが(なにぶん手作業なもので・・・)
このページで、作品の一部をご紹介したいと思います。
お暇でしたら、どうぞ観てやってください〜。

帽子
量産はせず、殆どが一点もののため、
帽子のネット通販は行っておりません。対面販売のみになります。)
秋〜春先用
とてもあたたかなウールを贅沢に
使用したキャプリン。
冬物にしてはめずらしく、ブリムは長め。
同布で、くちなしのコサージュをあしらいました。


秋〜春先用
濃いフューシャピンクが大変華やかな、
6枚はぎのキャスケット。
同布で、大きな(大きすぎ!?)
ガーベラのコサージュをあしらいました。
花びらがミッチリしているから、
意外と生地を使います。





春〜秋用
すべて麻布(コットン混)で吸湿性バツグン。
左側の、6枚はぎのキャスケットは頭によく
フィットしてかぶりやすいと、好評をいただきました♪
右のキャプリンは長めのブリムと大胆なリボン
使いで存在感あり。



秋〜春先用
和布を使ったハンチング。
右のブルーの和布はシルク100%・・・。
何ともすばらしい風合い(ドキドキ)
布の裁断からミシンがけまで、
アワアワと緊張しながら作りました。




秋〜春先用
クラウンの両サイドがプリントの、
ちょっと変わった形のクロッシェ。
カメリアのコサージュをあしらいました。
好き嫌いがハッキリわかれるタイプで、
お客さんの反応がとても面白かった。
もうちょっと柄が小さい方が良かったかなー。

秋〜冬用
何故か、踊りまくるジャネット・ジャクソンを
イメージして作ったクロッシェ(汗;)ブリムを上げると
それなりにそれっぽくなります。
スエード調のシックな黒無地でラグジュアリ感もあり。
羽根のコサージュ作りは大変でした。
(もう作りません・汗)





秋〜春先
ツイードで作ったクロッシェ。
高級感のある素材ですが、あえてブリムの端を
フリンジにすることで遊び心を演出。
茶のウールでカメリアのコサージュをあしらいました。




秋〜春先
左の帽子と同素材で作った6枚はぎのキャスケット。
パターンが変わるだけで、全く違う表情になるのが、
帽子づくりの面白いところです。




秋〜春先
ウールのチェック柄。薄手でシワになりにくい素材。
ちょっと変わったパターンのワークキャップ。
頭の後ろ側にブリムが全く無いのが
かえっておもしろい。マフラーをぐるぐる巻きにした時、
首の後ろがモタつかないと好評でした。
(写真は、ほぼ真横から撮りました。)





秋〜春先
品のあるグレーカラーがシック。英国製の紳士服用テーラーメイドの
最高級生地(モヘア混ウール)を贅沢に使用して作ったキャプリン。
風合いがとてもエレガントで、スっと頭に入り込むようなかぶり心地。
とても縫いやすかったです。
ブリムの裏は手刺繍で季節の草花を。
刺繍だけで3日かかりました。





春先・秋
去年から作り始め、人気をいただいているパターン。
ごく一般的なキャプリンとは違い、
クラウンは短かく、ブリムが長い、一見するとちょっと変わった形。
しかーし、これがなかなか、ムフフ〜なニュアンスを醸し出す、
題して「女優ハット」なのです。

写真左:ブリムを下ろすとお顔が適度に隠れ、日焼け対策と共にスッピン隠しに。
写真右:ブリムを思い切り上げて、裏側のプリント柄を大胆に見せても。
とても同じ帽子とは思えないほど、いろんな陰影が楽しめます。









●ブリムの角度について●


左:ブリムの角度が浅い(一般的な角度)
右:ブリムの角度が深い(下向きに付いている)
む〜ん、写真だとほとんどわからない・・・。

ほんの僅かな差と思いきや、
かぶってみると、これが結構な違いで驚きます。
帽子は5ミリの世界だと思い知らされる瞬間です。

ちなみに、例の「女優ハット」のブリムは、
右のタイプになります。







春先・秋
長めのブリムで日焼け対策を重視しながら、
お洒落感があるシックなキャプリン。
しかも端にはワイヤー入りで、
簡単にお好みの角度が自由自在。
表布はシックな黒無地で、ブリムの裏にプリント柄を
配するのは、一休さんの得意とするところです。


春〜秋
藍染生地で作ったクロッシェ。
藍独特の深い色合い。定番だからこその安心感。
肌触りもとことんやさしく、
何だかホっとしますね〜。





春〜秋
麻布(コットン混)素材で吸湿性はバツグン。
カジュアルスタイルの定番になりそうな、普段着感覚で楽しめるクロッシェ。
同布で、ハス花のコサージュをあしらいました。
ブリムのフチにブルーの無地を配し、とことん爽やかなイメージで。
バックスタイルも印象的。





バッグ
下の@〜Bの生地は、すべてNY直輸入。
しかも(やっぱり?)ネコ柄多し。
風合いの良さで定評があるUSAコットン100%です。
@ネコだらけの英字新聞。
黒の無地と合わせてみました。
肩からさげられます。



Aネコ大群衆〜!
茶猫ちゃんが目立っておりますね。
無地のベージュを組み合わせて
みました。薄いA4ファイルが
縦に入ります。
 
B何故かニヒルな笑みを浮かべるニャンコ達。
存在感があるニャンコ模様なので、
小ぶりなバケツ型にしました。マチを広く取ったので、
見た目より意外とモノが入ります。
持ち手を頑丈にしました。








麻布で作ったバッグ。
薄いA4ファイルが縦に入ります。

本皮で作ったコトリを、
持ち手に付けてみました。




金魚のグラニーバッグ。ネットショップでも販売していました。

たっぷりモノが入るグラニーバッグ。
結構な量の生地を使う上に、意外と縫うのに時間がかかるんです。

洋服だけでなく、ゆかたにも似合うので、花火大会など夏の行楽シーズンに好評でした。



小物
ネコグッヅいろいろ

ネコがモチーフの刺繍は、マシン刺繍ではなく手刺繍にこだわっています。
どう頑張っても1日に2つしか作れないため、作業効率の悪さから常に品薄状態が続いていました。
現在はお休み中ですが、よかったらご覧ください!

以下は人気シリーズ
シリーズ「兄弟」

吉田戦車のマンガを読んで
号泣し、フっと沸いたイメージ
から。
手をひく兄ちゃんがうれしそうだ。
いつまでも兄弟仲良くね〜という
気持ちを込めて。


シリーズ「子宝」

我が子を天空高くかかげる
母ネコ。
やたらうれしそう。
子猫は6匹だったり、
3匹だったり、
気分で変わります。

シリーズ「酒」

のほほんうれし酒ながら、
しんみり感も漂っております。
お酒は「鬼殺し」をイメージ。
安酒がうまい。
他にビール、テキーラバージョン
もあり。
デザインの元は、
一休さんの宣伝部長「チロ」
ナント恩年19歳で
天寿をまっとうしました。


ネコの手刺繍は、ブックカバー、ガマ口、チョークバッグなどにアレンジされます。
同じモチーフでも、刺繍糸やデザインの大きさなど、出来上がりには多少の・・・いやかなりの差が!
てんちょmaoの気分や体調で、その都度違う仕上がりになりますが、
まぁそこはご愛嬌ということで。。。





消しゴムハンコでプリントしたネコのブックカバー。
いろいろなオトボケ猫のバージョンがあって、密かな人気を博しております。
素材も麻やコットンを使っていて、手に馴染みやすいです♪




主に和布を使ったマイ箸入れ。ネットショップでも販売していました。


まるで和菓子みたい。
和布(おもにシルク)で作りました。和布は針通りもすばらしい!
ブローチやネコ用首輪のポイントに使いました。



写真は、雑司が谷「手創り市」

オリジナル雑貨は、主に土、日、祝に行われるアート系フリマなど、
各種イベントでご案内しております。

神社やお寺の境内など、ゆったりとした雰囲気を楽しめる会場も多いですよー。
一休さんはいつもヒッソリ出店中。
てんちょmaoもノンビリおりますので、お散歩がてらブラリと遊びにきてください。

※どうしても作品作りが間に合わない場合や、
急な出張などで不参加になることもあります(結構多いです・汗;)
確実にご覧になりたい場合は、事前にお問い合わせいただくことをお勧めします。

お問い合わせ先
contact@shop193.com(送信する場合は、@を半角英数に直してください)

主な出店先一覧(順不同)
*************
一休さんの地元、千葉県市川市の催事♪


・よみうり朝市
・春日神社 曽谷ふるさと朝市
いちかわ市民まつり実行委員会 市川まつり
市川まつり
ライフサロン市川南口店
・縄文まつり
行徳まつり
時遊空間ふれあい市 I-linkタウンいちかわ・大洲防災公園朝市など
イチカワチクチクカタカタワイワイ市
************
その他

雑司が谷手創り市
品川てづくり市
ものづくり創作市場「mARTm(あーとま)」 飯田橋ラムラ
世田谷アートフリマ
リサイクル運動市民の会 (ベストフリーマーケットIN東京国際フォーラム・
 馬車道駅など)

東京リサイクル運動市民の会 (船橋競馬場bigフリマ・日本医科大学[丸子祭]・
田町グランパークなど)

・日本エコフリマ推進会 (イトーヨーカドー幕張店BIGなど)
全日本リサイクル協会 (新宿三井ビル55ひろばレディースマーケットなど)
mixture creators' market
渋谷てづくり市
タイムマシーンカンパニー (東京タワーフリマなど)
東金市産業祭
カワイイフリマ(サンブライト・フリマ)中野坂上など


※突然、首都圏以外のイベントにひょっこり出店することも。

※他に、ボックスショップやカフェなど計5店舗に出店中。


Copyright (C) 一休さん All Rights Reserved
URL : http://www.shop193.com